楽器

篳篥

龍笛・高麗笛
鞨鼓
太鼓
鉦鼓
琵琶


篳篥

小さい楽器にしては大きな音量を出し、主旋律を奏することが多い。ただし楽器が小さいため1オクターブあまりしか音程の幅はない。
リードは葦をつぶして作り、演奏前にはリードを湿らせて吹きやすいように調整する。


笙(しょう)

オルガンのような柔らかい音を出し、雅楽の音楽の独特な雰囲気をかもしだしている。17本の竹それぞれに小さなリードが付けられており、5本または6本の音を和音にして吹くことが多い。(このうち2本の竹にはリードがついていない。また、一音一音で吹くこともある)リードが湿りやすいため、演奏前には火鉢か電熱器で笙をくるくると回し、暖めないとよい音がしない。


龍笛(りゅうてき)・高麗笛(こまぶえ)

曲目によって使い分ける。龍笛は唐楽の演奏に用いられ、雅楽用の横笛のうちで最も多く使用される。音域は広い。
高麗笛は朝鮮半島から日本に入ってきた楽器で、高麗楽の演奏に使用される。


鞨鼓(かっこ)

直径約25センチほどの2枚の鼓面に樽のような中空の円筒ではさんで、牛の皮を締め付けたもの。
黒漆塗りの木の台に乗せ、先端が棗の実のような形になった2本の木の撥(ばち)で打つ。
雅楽では洋楽と異なり指揮者がいないが、これに変わるものとして鞨鼓の奏者がこの役割を担い、演奏の開始の合図、終わりの合図、演奏のテンポ等を担当する。


太鼓(たいこ)

写真は釣太鼓(つりだいこ)。
両手にもった撥で打つ。
舞楽の時は、大太鼓(だだいこ)と呼ばれる大きな太鼓を用いる。


鉦鼓(しょうこ)

青銅製の皿形打楽器。この内側を先端が球状となった2本の撥で打つ。


琵琶(びわ)

後世の平家琵琶や薩摩琵琶と区別するために「楽琵琶(がくびわ)」とも呼ぶ。
四本の絃と四本の柱を持ち、坐った両膝の上に水平に構えて、左手で柱を押さえ右手に持った撥で絃を上からなでるように弾きおろす。
大きさは一定ではないが、だいたい1.9mぐらいが標準である。
この四絃の楽器がペルシャからヨーロッパへと伝わったものがリュートで、マンドリン、ギターへと変わっていった。


箏(そう)

山田、生田の箏と区別するため「楽箏(がくそう)」ともよぶ。 絃は13本であるが、山田、生田の箏より絃は太いものを使用し、爪は皮で作られた指貫のようなものに竹片を固着したものを使用する。
箏の演奏はほとんどいくつかのきまったパターンを演奏する。